個別の課題とウォーキング

本日のたすくノルディックウォーキングは、前回に引き続き鎌倉−江ノ島コースでした。
タイムトライアルチームとチーム走に分かれ、江ノ電を追いかけるように海岸沿いを歩ききりました。


タイムトライアルチームはメキメキとタイムを伸ばしています。
とある子はポールのつき方を目で見て確認し、
また他の子はポールをどう動かしたらいいのかをポールから得られる感覚から意識し、
個人個人が自分の身体を意識しながら記録をだしました!




チーム走では、チームの中でも特に前の人を意識し、フォームを重視して歩いています。
脇を締めてポールをつけているか、顔は前に向いているか、前の人のペースに合わせられるかなど、ポイントは多々ありますが、みんなそれぞれ課題を意識し、歩き切ることができました!


さぁ、次の課題はなんでしょう?
次回のウォーキングも楽しみです。








コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める