2017年9月23日土曜日

鎌倉ベリーベリーベリーでの職場実習

トライフルは,中高校生以上の青年期の生涯学習の場です。

トライフルに通っている生徒達は,社会化体験を積んでいく段階にいます。
だから,できる限りソーシャルファームでの職場実習に参加しています。

今週は,鎌倉ベリーベリーベリーに参加してきました。

また,10月は,高校生の入学希望者が,現場体験実習にくる季節のため,
トライフルの事業に高校生たちが参加しています。


すると,当然ですが,自然な文脈の中で,
先輩たちが,後輩に仕事内容やポイントを教える場面が生まれます。


・どのような仕事か?
・その目的は何か?
・分担した仕事の結果が何につながるか?
・何を守らなければならないか?
・うまくいくコツは何か?


生徒達は,覚えていて簡単に伝えられる内容もあれば,
自分ではできていても,相手に伝える難しい内容もあります。


今週は,実習だけでなく,在校生にとってもたくさんの学びがありました。

学び合う姿は素晴らしい。








2017年9月9日土曜日

総合的に学びやりたい仕事に就く 〜ASDの青年期支援【募集】

 トライフルは,発達障がいのある青年の生涯学習の場です。

 発達に遅れがあったり,精神的な落ち込みがある人の雇用においては,
働いて離職してしまうなど,職場定着率の低さが以前から課題となっています。
 
豊かな生活を送り,人の役に立つ仕事をし続けるために,
私たちは,日常生活を自らマネジメントする力を付けることが先決だと考えています。

 例えば,睡眠不足による朝寝坊は,遅刻してしまうばかりでなく,
身支度が調わずに不潔な印象を相手に与えてしまったり,
朝食をとれずに体調不良になってしまったりします。
つまり,働き続けるには,生きる力(生活力)が欠かせません。

 また,働く意欲も大切な要素です。
仕事に向かう意欲(内発的動機づけ)は、
発達障がいのある方の療育支援のキーワードです。

 やりたい仕事に就くためにも、
様々な実習先を用意することで自分の可能性を広げ,
自分にとって必要な力や自ら振り返る力を育てて行きたい。
自分のやりたいことを考えたり、そのための経験を積んだりする機会が必要です。

「自分は何がしたいのか?」
「自分にとっての働く意味は何か?」

平成30年度新入生募集を開始しています。
総合的に学び、仕事に就くための特別支援型大学「トライフル」でお待ちしています。


(トライフル渡邊)