聴けるから読める。まずはしっかりと聴かせること。

TRYFULLでは、発達障がいのある子ども達の言語技術を指導するために、繰り返し正しい日本語を読むということを重視しています。
まずは、本文をしっかりと指でなぞりながら、読み上げられた音を繰り返し復唱することから始めます。
側からみると一見シンプルなこの学習ですが、子ども達の熱心な取り組みが、彼らの言語技術力を確実に向上させています。




コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める

ASDの中高校生の学習支援は,計画が大事。