最寄駅から自宅まで一人で帰る!

夏のトライフルは、午前9時半から午後3時まで、
生活スキル・職業スキル(選択式)・身体づくりに取り組んでいます。

普段、放課後に参加している子どもたちは、
1週間単位を目安にして参加していて、
ここに設定した目標に対して、多くのトライをしています。

その1つに、
就労を維持するために必要な「移動スキル」があります。
現在、最寄駅(最寄りバス停)から自宅で一人で移動するための評価をしています。

実地指導の視点
◻︎現状では、どのくらいのスキルが備わっているのか? (分析表を用いて評価)
◻︎スキルが未習得のままである理由は何か?      (アセスメントの分析)
◻︎必要なツールの工夫、指導方法の評価改善はどこか? (目標設定と教材提案)





コメント

このブログの人気の投稿

自分の今の気持ちをまとめる

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

地域生活をめざす青年期のアセスメント