職場実習に同行してきました

 今週は,お世話になっている企業への職場実習に同行してきました。

 本日の課題は,業務を遂行するために,
取り扱うレディース商品を正しく理解することです。

スタッフの方にも丁寧に教えていただきましたが,
単に商品の特徴を覚えればいいわけではありません。

 知識の丸暗記ではなく,
その仕様にすることでどのような着心地になるのか,
体験的に理解することが大切です。

例えば,「ダーツ」が施されることでどうなるのか?,
その本数が変わるとどうなるのか?などです。

 その上で,任された業務内容を実行するために,
何を行うか?,なぜ行うか?,いつ行うか?を常に判断していくことを
職場実習の中で重視していきました。

今週の評価改善をいかして,次週の職場実習に臨みます。

コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める

ASDの中高校生の学習支援は,計画が大事。