ASDの中高校生たちの学習支援

 冬休みに入り,自立の学校には,中高校生が集まってきます。
いつもの平日には顔を会わすことができないメンバーと一緒なので,
やや気分も高揚気味の子ども達です。

 今日も,朝のGood&Newから始まりました。
24時間以内の出来事を振り返り,良かったことや新しい発見を共有するワークです。
前向きな思考になり,またみんなから承認の拍手をもらえることで一体感が高まります。
・年末にスキーに行く計画を立てた
・宿題の工作を仕上げられた
・お母さんにお手伝いを褒められた
・部屋の掃除をしてきれいになった 等々 たくさん自己表現されました。

一方,話している相手に正対する,相づちを打つなど,
社会性の課題も見つかり,次回にお互いモデルを見せ合いたいと思います。

 学習プログラムでは,遂行コントロールへの配慮がポイントになります。
例えば,設定時間,課題量,ルール,手順など,一人一人に応じていきます。
このように実行機能をカバーする方略を持っていたり,
それを実行する習慣化を図ったりすることが大切です。

 そのためにも,まずは「計画・動機づけ」。
活動目標と成果に対する報酬など,動機づけを意識したスケジュールを立てていきます。つまり, 「活動に対する構え」を自ら行う習慣です。
少しずつ,自分に適した計画を立てていくことを目指し,
計画-実行-整理のサイクルを繰り返していきます。

コメント

このブログの人気の投稿

自分の今の気持ちをまとめる

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

地域生活をめざす青年期のアセスメント