働きたい人を応援する

 先日,ワークステーションかまくらの開設説明会に参加してきました。
市内の就労支援関係者,よこすか障害者就業・生活支援センターなどが多数集まっていました。
 
 これは,私たちが住んでいる鎌倉で,
働くことを目指して就労支援を受けている方を対象とする事業で,
平成30年4月より開始されます。

 実際に就労支援でトレーニングを受けていても,
実習や一般就労へのチャレンジを継続的に行うことが難しい場合もあります。
そうした場合でも,決して働くことを諦めずに前進する方に,
職務経験を積むことができる機会を創ろうという取り組みです。

 市の非常勤嘱託員として雇用されて,
市庁各課から切り出された業務をワークステーションで遂行する内容であり,
鎌倉市の他に,すでに
平塚市で取り組んでいるようです。


 “仕事に就く”ということは、
社会から求められた役割を達成することによって、初めて成り立つことを意味します。
しかし,それを理解することが,難しい場合があります。
それは,理屈だけでなく体験的に理解することが必要だからです。

仕事ができないのではく,役割を達成することを理解できる体験し,
達成したのかどうか振り返る(考える)機会が少ないのです。

これが「キャリア教育の機会を創造するという」TRYFULLの使命です。

役割を果たす・達成する意味を理解して,
生産活動に従事することで,「自分は働いている」ということを

実感していけると思います。

すべての人に挑戦と再挑戦の機会を!
リスクを冒す尊厳を持って,チャレンジを全力応援します。




コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める