挑戦する気持ちに火をつける

今日のTRYFULLは、ライセンス検定を実施しました。

職種は喫茶ワゴンサービス。
緊張感が高まる中、10名の参加者がエントリーをして、試験に臨みました。















控え室では、モニターを使用したモデル利用型学習を展開。
他の受験者の様子を見ることによって、客観的に自らのポイントをチェックしたり、よい実践としてお手本にしたりする学習機会をつくっています。
















試験だけでなく、振り返りもじっくり行います。
自己評価だけでなく、リーダーから客観的なアドバイスを具体的に受けることで、子ども自身が次回の目標をしっかりと自覚することができます。





























最後は何よりも達成感。
緊張感をもって、挑戦しているからこそ、合格をした時の達成感も倍増!
緊張するけれど、もう一度挑戦したい!!
そう言って何度もチャレンジする子ども達に寄り添いながら、挑戦する気持ちに火をつけ続けるTRYFULLの取り組みは、これからも進化し続けます。

コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める

ASDの中高校生の学習支援は,計画が大事。