訓練型グループホームの設立に向けて

 Living(住まい)、 Work(仕事)、Community(コミュニティ)

TRYFULLでは、これらの3つを柱にした取り組みを進めています。
特に重視しているのがLiving(住まい)です。



なぜかというと、Workにせよ、Communityにせよ、すべてはLiving(住まい)の基盤が揃っていてこそ成り立つものであると考えるからです。
TRYFULLでは、訓練型グループホームの設立に向けた宿泊トレーニングを開始しました。



単なる宿泊場所としてではなく、地域での自立した生活を目指して、論理的な思考力や生活スキルを、真剣に身につけていきます。

コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める