移動スキル「公共交通機関の利用」

TRYFULLでは、「公共交通機関の利用」を、移動スキルにおいて重要視しています。

チェック(1)乗車中の時間を過ごすための方法(携帯型のミュージックプレーヤーなど)を持っていますか?
チェック(2)自動改札に電子マネーをかざしたり、切符を通したりして、公共交通機関を利用し、落とさずに保管することができますか?
チェック(3)誰かと一緒に公共交通機関を使って移動し、通い慣れた駅や停留所についたら、ブザーを押す、お金を支払うなどを一人で行って移動し、降りることができますか?
チェック(4)公共交通機関(バス・電車)を使って、通い慣れた場所まで、一人で移動することができますか?

現状の評価を行い、どの段階にいるかをまずはしっかりと把握することが大切です。
その上でTRYFULLスタッフにご相談いただき、どういった指導を行っていくか一緒に作戦を練らせてください。
再三申し上げていますが、「インディペンデント」(独立して行う活動)として、「移動」が位置付けられていることを理解することがポイントです。
つまり、移動は、「独立して行うことができるスキル」として身につけさせることが、とても重要ということです。

休暇を楽しめる人のQOLは、そうでない人と比べて非常に高いです。
移動スキルについて見直し、豊かな人生を思い描きながら、一緒に生活圏を拡大していきましょう。


ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,
10年の歴史がある療育専門機関です。

私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。


コメント

このブログの人気の投稿

自分の今の気持ちをまとめる

地域生活をめざす青年期のアセスメント

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える