就労に向けて準備を始めよう!

こんにちは、TRYFULLの大澤淳一です。
トライフルは、青年期の発達障害のある人たちの就労支援と生涯学習の場です。


成人期の発達障がい者にとって、「就労」は、本人及びその家族にとって極めて重要で、且つ困難の大きい課題です。
そもそも「働きたいが、何からはじめていいかわからない」と言った声をよく聞きます。
そこで、就労に向けた準備として、重要と指摘される二つのことをご紹介します。

【準備①】自分を知ること
・本人の得意なことや苦手なことを知ることを促すことが大切です。
・障がいの特性から本人を理解することを促すことが大切です。
・本人にとって必要な配慮や支援の工夫を見つけるよう促すことが大切です。

【準備②】支援サービスの活用
・職業評価などを活用し、どんな仕事が向いているのか客観的な評価を受けることが大切です。
・実習をとおして、具体的なイメージをもつことが大切です。

TRYFULLでは、子ども達一人ひとりの自己実現に向けて、これらの準備をしっかりと行っていきます。
その際に鍵となるのが、「個別のポートフォリオ」です。

障がいのある彼らが、自分自身の軌跡を、動画をベースにひとつの作品集としてまとめていく。それを作成していくプロセスをとおして自分を理解し、色々な社会資源とのつながりをもっていく。さらにそれを基に自己PRをして就労や社会生活の開拓を行っていく。そういう未来のことを考えるとなんだかわくわくしませんか?そこに障がいの重い軽いは関係ありません。

TRYFULLではこれから、そんな個別のポートフォリオを、本人とご家族に応じてフルオーダーメイドで作成していきます。

店内にディスプレイするシャツにアイロンをかけるための指導を受ける

アイロンをかける自主練習
<アパレル・商品を丁寧に扱う力を高めつつ、目標は接客できるようになること>

実際に働く体験をとおして,自分のキャリアについて考える時間を作っていきたいと思います。
TRYFULLでは,発達障害のある青年の職業体験や職場実習にご協力いただける企業様を募集しています。
ぜひ、お問い合わせください。

トライフル鎌倉
tryfull[a]tasuc.com ([a]を@に変えてください)

コメント

このブログの人気の投稿

自分の今の気持ちをまとめる

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

地域生活をめざす青年期のアセスメント