自分で移動する力をつける

 トライフルは,就労支援事業と生涯学習の場です。

 トライフルでは,この半期,自分で移動する力をつけることを重視してきました。
所属するメンバーは,幼少期のころ,パニックが頻発して,苦しい時代もありました。

そこから高校卒業まで,移動にはなかなか挑戦できないまま卒業してしまったけど,
18歳までに認知・行動・社会性を整えていけるよう療育を続けてきたのです。
また,出発前の身仕度を整えたり,並んで歩いたりする主体的な生活に向けて,
体験的な経験を深めてきました。
長年かけて身に付けてきた習慣は,地域に出ても生かされています。

だから,4月から,“働く”ために「自分で移動する」練習に取り組めています。

 4月に入学してから半年・・・。
最寄り駅から自宅まで,一人で歩いて帰る」ことのゴールが見えてきました!!
自分で移動することができて,明らかに“自己信頼”が高まってきます。

まだまだ,不測の事態に応じるには,課題がありますが,これからも1つずつ,
彼らと共に,生活スキル・職業準備スキルを高めて,地域で暮らすことにトライします。




コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める

ASDの中高校生の学習支援は,計画が大事。