まずは理解が先

トライフルは,就労支援事業と生涯学習の場です。

4月から,トライフルを拠点として,企業で職場実習を行っています。

実習に行うために,私たちは,企業の担当の方と協働し,
彼らに活躍してもらえる仕事の切り出しを行っています。

トライフル社内で,必要なトレーニングと個に応じた支援の検討を行い,
実習で職場体験をするサイクルを繰り返し行います。

そのとき,もっとも重視しているのが,一人一人の実行機能への配慮です。

例えば,砂糖を計量する場合には,
・どの種類の砂糖を,何gずつ,何セット計量するのか?
・どのように準備と計量作業をすると,効率的に作業できるのか?
・どうしたら他の作業チームの動きなどに影響されずに,専心できるか?
・計量した後に,目標数と合っているか確かめるか?

例えば,ギフトリボンの製作の場合には,
・どのような大きさや形のリボンを,何個作るのか?製品として認められる基準は?
・基準を満たす製品を作るための手順や段取りは何か?
・専心できる環境はどのようなものか?
・基準にあった製品になっているか等の検品を実行できるか?

一人一人に応じて,考えていこう。
「望ましい目標を想定する」
「目的を達成する合理的な手順を考える」
「他のものに気を取られずに,実行に専心する」
「その結果が最初の目標とどこまで一致しているかを検討する(確認する)」

                                  (渡邊)


コメント

このブログの人気の投稿

実習をベースにしたキャリア教育にトライ!!

どんなに障がいが重たくても、ご本人の意思決定を支援する

親が主体となった企業開拓(Costco見学)