生活習慣・やりがいとしてのノルディックウォーキング

この一年間TRYFULLは、ノルディックウォーキングをほぼ毎週末に開催してきました。
その成果は、身体づくりの側面にとどまらず、生活習慣・やりがいとして、確実に発達障がいのある子どもたちにも位置付いてきました。

今日はもともと天気予報では晴れ予想。しかし、今朝はあいにくの雨模様でした。
以前であれば、「ウォーキングを開催するのか」朝から連絡がひっきりなしにありました。しかし、今朝は電話もメールもひとつもありません。私は少し心配になりました。

集合場所に行ってみると、メンバーはいつも通り揃っています。
天候に左右されず、子どもも親も、「週末はウォーキングをするもの」という価値観が根付いていました。

私は自分の誤りに気がつき、すぐに考えを改めました。
ウォーキングは、生涯を通じて行うことができるユニバーサルなスポーツです。
TRYFULLでは、ノルディックウォーキングという競技を通じて、発達障がいのある子どもたちの生涯学習を支え、彼らのやりがいを早期から一緒に育んでいきます。

we are happy , so you are happy because we will be TASUC.



コメント

このブログの人気の投稿

自分の今の気持ちをまとめる

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える

地域生活をめざす青年期のアセスメント