お互いの成長を地域の方々に見届けてもらえる場(コミュニティ)

毎週日曜日は、ノルディックウォーククラスを実施しています。
自立と社会参加を目指して、地域のど真ん中をポールをつきながらウォーキングしています。障害を理由に郊外でひっそりと暮らすのではなく、「自分の道は自分で切り開く!」をスローガンに、障害の重軽に関係なくズカズカと地域に出ていきます。
地域やご家族と協働することで、
メンバーが自分の居場所を発見したり、
お互いの成長を地域の方々に見届けてもらえる場(コミュニティ)を創りたい。
「意思疎通ができない人間を安楽死させるべき」という言葉に対する、私たちなりのアンチテーゼのひとつでもあります。
年齢・立場・性別・障害の有無に関係なく、理念に共感してくださる方、ご興味のある方はぜひ一度、ご一緒しませんか??

(文責 トライフル教室長 大澤淳一)

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。一人ひとりのお子様に応じて理解し、
それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に
携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。



私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。



お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。



コメント

このブログの人気の投稿

地域生活をめざす青年期のアセスメント

自ら気づき学ぼうとする主体性を高める

ASDの中高校生の学習支援は,計画が大事。