『自立の学校』を開校します

 
トライフルは,思春期/青年期の発達障がいのある人たちの就労支援と生涯学習の場です。
このたび,軽度の(正確に言うと軽度になった)お子さんのニーズに応え、
「自立の学校」、開校しました。
自習(サポート教員2名)、身体づくり、社会性の学習の三本柱です。
自主通学ができるお子さんを対象にしています。
また低学年の子どもたちも、目標ができたと喜んでくれています。

http://tasucmanabi.blogspot.jp/2017/09/asd_9.html



コメント

このブログの人気の投稿

自分の今の気持ちをまとめる

地域生活をめざす青年期のアセスメント

発達が心配な子どもの就労にむけた支援を考える